主な参考図書やリンクなど


【参考図書】
著者:中尾良一

61IH44DNbVL._SL500_SX341_BO1,204,203,200_ 51ich8WD7NL._SL500_SX345_BO1,204,203,200_ 51GRjT3aqTL._SX339_BO1,204,203,200_
奇跡が起こる尿療法
―勇気さえあれば、治らなかった病気が治る
(ビタミン文庫) 

単行本  1993/3
続 奇跡が起こる尿療法
―ガンからリウマチにまで効いた驚異の実名手記を満載!
(ビタミン文庫)

単行本  1990/10
尿療法 驚くべきこの効果 
単行本  1999/7/1

日本でもっとも有名な中尾先生の著書です。日本の医学界からは異端児と呼ばれ続けましたが、そのような逆境の中、尿療法について研究と普及活動を続けられました。

尿療法の入門書といっても過言では無いでしょう。。


 

著者:佐野 鎌太郎

41zDS-m5uFL._SY344_BO1,204,203,200_ 411u3etahQL._SX228_BO1,204,203,200_
医者がすすめる尿療法―
もう、慢性病、ガンにもおびえない!
(トクマブックス)

新書  1993/1
尿療法でガンを消せ
(トクマブックス)

新書  新書 – 1997/1

 

著者:ドクター・高橋

51Hy45mdwRL._SX316_BO1,204,203,200_
いざとなったら尿を飲め
―尿療法入門

単行本 – 2014/12

非常に珍しく、最近の本です。
下記の海外の書籍も含めて、ほとんどの本が2000年までに発行され、その後ほとんど尿療法に関する本は出版されていませんでしたが、この本は2014年に刊行されています。

Amazonの説明では「現役の医師による尿療法の勧め。自らも実践する飲尿体験を元に、「尿を飲むことは健康法の最後の仕上げ」だとする著者が、尿療法の“体”と“心”に齊す影響を語る。「尿は清潔である」とし、数々の疑問に答える!」とあります。


著者:John W. Armstrong

51RVtWQ7BmL._SX336_BO1,204,203,200_ 生命(いのち)の水―奇跡の尿療法
単行本 – 1994/8

著者:Martha M. Christy

4154YVDBNQL._SX343_BO1,204,203,200_ 尿療法バイブル―あなた自身がつくりだす究極の良薬
単行本 – 2004/7

2000年以降に書かれた珍しい尿療法についての本です。アメリカでの実例を紹介しつつ、科学的なデータを豊富に示しながら、尿療法の効果について解説しているようです。


こうやってみてみると尿療法は2000年を概ねの境界として、タブー視されはじめたのかほとんど世間に出ていないようです。

飲尿はもともとのイメージが良くないですから、医療業界の抵抗に合えば簡単につぶされるのかもしれません。飲尿療法が世界に広まれば、なにせタダでさまざまな病気が治りますからね。医療業界のみならず、生命保険業界や薬品業界などさまざまな業界の反発に合うのは必至ですね。いずれこのページにも圧力が加わることもあるのでしょうか。

【ネット記事】

wiki Wikipediaによる尿療法の紹介 
MCL MCL研究所
totugeki 突撃!我ら健康体
nyouryouhoususume 尿療法のススメ
cancer&food 癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

→→ 尿療法のメカニズム

 

注意:このホームページに記載されている内容は科学的・医学に確認されたものではありません。尿療法はだれにでも有効な健康法だと信じていますが、実行に当たっては個人の健康状態も関係してくることですので、ご自身の判断で実行の是非をご判断ください。

Copyright (C) 尿療法のススメ All Rights Reserved.