尿療法のメリットとデメリット


【メリット】

  • 難病から風邪まで、自分が持つ自然治癒力を高めることで治すことができる。
  • 自分のおしっこ(尿)を飲むだけなので、基本的に費用がかからない。
  • 飲尿でおおよその病気を速やかに治せるようになるので、医療費がかからなくなり、さらに医療保険も不要となり解約でき、余計な支出を抑える ことができる。
  • 肌が若返る、など美容効果もあると言われている。

【デメリット】

  • そこまでして健康になりたいか?と自分のプライドと戦う人もいる。
  • 慣れるまで毎回気合を入れて飲まなければならない。
  • 周囲の人へのカミングアウトは難しい側面もある。

家族に黙っているとなると、一緒に生活している中で不自然な振る舞いなしに飲尿を続けることが難しい。たとえば、トイレにグラスを持ち込ま なければならないし、洗面所に移動してから飲むところを目撃されるなど。。

・・・と、思いつくまま書いてみましたが、慣れると、身体面はもちろん金銭面でも、将来への安心ということからもメリットが圧倒的に上回ると 私は信じています。

→→飲尿療法の実践方法

 

注意:上記の記述は科学的に確認されたものではありません。私が読んだ本に記載してあったもの、ネットで読んだもの、またそれらの知識から推測したものです。くれぐれも信じるかどうかはあなたの責任の上でご判断ください。

Copyright (C) 尿療法のススメ All Rights Reserved.